森林土木コンサルタント

私達の住む地球環境を支えてくれている緑豊かな森林を守り育て管理し、各種災害から私達の暮らしを守る「治山事業」、森林の状態を調査分析し、健全な森林の整備を行う「森林整備」、森林の管理と木材の運び出しや地域振興を図る為の「林道事業」、森林の維持管理や活用に資する為の「森林調査」や「林地境界調査」に対し、衛星や三次元・空間情報システム等最新の計測技術・森林の整備技術を用いて森林整備事業に対する調査、測量、設計等に力を入れて実施しています。

治山事業

近年増加している災害に対し、山地も例外でありません。治山事業では土石流、斜面崩壊、渓岸侵食、などの山地災害を未然に防止し、地域環境基盤の整備に資するため、各種治山施設・総合治山事業計画の計画・測量・設計を行っています。

森林整備

森林整備では、造林や間伐等山林の整備、水源かん養機能の向上や土砂の流出防止・軽減等、森林の公益機能の損失を防止する観点から、森林の再生や維持管理に資するための整備計画、植樹間伐計画、施業道等の調査・計画・設計を実施しています。

林道事業

森林の整備・管理・保全を目的として、また集落をつなぐ生活道や、災害における避難路迂回路としての役割を持つ林道に対し、林道開設や、林道改良の計画・設計を行います。また、林業施設の設置、災害復旧、既設林道橋の老朽化に伴う改築などの計画・設計を行います。

森林調査

森林の状態を把握するために、植生の異なる森林分布を示す林相区分図を作成したり、立木調査により詳細な林相状況を作成し、各林分に応じた整備計画を行う森林調査を行っています。

林地境界調査

森林簿や地積図等に記載されている境界情報と現地との整合を図るため、また各種森林整備事業範囲を決定するために実施する境界調査を行っています。

林地開発行為等申請書類作成

森林の持つ公益的かつ多面的な機能を有する森林環境を維持していく為、森林法などの山地や林地に関する法律が施行されています。弊社では森林地域における開発行為等において、「林地開発行為許可(協議)申請」や「保安林解除申請」等に伴う申請図書の作成を行っています。

治山施設点検等維持管理

山地災害等の発生を未然に防止する為、既設の治山施設状況を的確に把握すると共に、今後の治山施設の維持管理及び機能回復強化を行うための基礎資料に資する為、治山ダムや流路工等の治山施設を現地にて確認し、経年変化による老朽化の進行や河床洗掘等による施設の安全性を点検します。

森林土木コンサルタント1 森林土木コンサルタント3 森林土木コンサルタント2 森林土木コンサルタント4