総合建設コンサルタント

今を未来につなぐ。

総合建設コンサルタント

今を未来につなぐ。

 
 
 
 

いい建設コンサルは、
次世代への贈り物になる。

いい建設物は、「作り手の思いが感じられるもの」だと
私たちは考えます。
見た目に美しいのはあたりまえ。
それだけではなく、
そこに暮らす人の目線や動線までが考えられてこそ、
永く利用できるものになると思うのです。
例えば、小学校前に建物を建てることになったとしたら、
正門前でしゃがんで子どもの目線になってみる。
そうすることで、図面や大人の目線では気づけなかった
課題に気づけることがあるのです。
「思いを汲み取ってくれるから」と
当社を選んでくださるお客様には、
そうした私たちのスタンスが伝わっているものと自負しています。

「耳」で測れ。
「足」で量れ。

「本当に求められているもの」を計画・設計するために、
私たちの「総合建設コンサルタント」の仕事があります。
道路にしても、河川にしても、
建設するとなれば巨額の費用がかかるもの。
できるだけロスを減らし、
永く利用できるものにする必要があります。
しかし、社会の変化や環境への配慮、価値観の多様化など、
複雑に絡み合う事情から最適な答えを導き出す作業は、
困難を伴います。
だからこそ私たちは、事業者の思い、
そこに暮らす人の思いに耳を傾け、現場へ足を運びながら、
真のニーズを掘り起こして最適なプランをご提案しています。

pagetop