保存処理(金属・木製品)・化学分析

埋蔵文化財(出土遺物)や博物館資料は、劣化を抑えてなおかつ本来の意匠を生かしたままで後世へ伝えなければなりません。私達は最新の保存科学研究に基づき、調査と活用をつなぐ保存処理技術の研鑽に努めてまいります。

調査記録及びクリーニング

資料の状態を把握するため、X線撮影や各種分析により観察、カルテを作成し処理方針を決めます。その後、保存処理専用に調整した溶剤でクリーニングします。

減圧含侵装置及び浸透冷却乾燥機

金属製品は腐食防止処理後に減圧含侵装置により樹種含侵処理を行います。木製品は3m~7mの含浸層に指定期間浸し、その後浸透冷却乾燥機にかけて乾燥させます。

自社所有の保存処理機器

金属製品、木製品の保存処理に必要な専門機器及び施設を所有し、専門技術者による効率的で安全な保存処理を提供いたします。
保存処理1 保存処理2 保存処理3 保存処理4