共有空間データ整備

共有空間データとは地図データや個別の道路データや建物データ等各目的に応じた情報データを官公庁等庁内の複数部署において多目的利用を行う事が出来、更に品質精度が一定に保たれた空間データです。
当社ではこれらの空間データ活用におけるデータの作成や共有空間データの接合編集等共有空間データ作成全般についてサービスを提供します。

各種台帳作成並びに電子化

時代の流れと共に社会基盤整備は維持管理の時代に移ってきています。計画的なストックマネジメントが求められる中、道路台帳や施設管理台帳等の台帳データを活用した計画的な維持管理を行う為の各種台帳の作成及び更新、図面資料等のデジタルデータ化への更新整備を推進し、共有空間データとして活用出来る支援を行っています。

各種地図(主題図)データ作成

都市計画基本図等のレベル2500データの作成から道路・河川管理図のようなレベル500附図作成、また文化財調査で利活用するレベル20や50の遺構図等、様々な地図情報レベルの地形データを2次元又は3次元データとして作成しています。
共有空間データ整備1 共有空間データ整備2 共有空間データ整備3 共有空間データ整備4